« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年8月31日 (日)

秋田の墓地撤去による怪奇現象・・・解決編

 当方の神道の魂振り(たまふり)修行を大田家(仮名)の神殿でやっていた時、しきりに墓地が頭に浮かんでくる。この件を大田様に聞いたところ、話によると2年前に大家と新家が同じところに墓地があったが、大家は新家とトラブルが有ったためにすべての墓地を撤去してしまった様子。大家は栃木の自宅の近くに墓地をさっさと引き上げてしまったとのこと。

その頃、時を同じくして大田様の母親が脳溢血で倒れてしまい、大田様も修行が出来なくなってしまった。現に彼はそれから、うつ状になり会社も休むことになってしまった。

修行後、 「その墓地の撤去に原因あり」残された霊達は行くべきところがないために、さまよっているに違いない。よし!明日、そこの墓地へ行って霊の昇天祭をやることにしよう。

美人揃いで有名な小野小町にその墓地は有ったが大田家の墓地は跡かたもなく、その名をとどめるものは何もない。 昔の面影を思い出し昇天祭を斎行することになった。

 ところが昇天祭が終わったとたん、大田様、胸のしこりがとれ肩の重しが取れたようにスッキリしたと言う。うつの状態で普段は余り喋らない大田様、帰りは別人のように喋り出した。その後、体調も復活し、近いうちに復職が出来る可能性が強くなったという。

 これは墓地を撤去された先祖の霊が大田様に直接訴えた現象で・・・・・実話です。

Photo_3














全国神社巡り➀ 熊本 幣立神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年10月 »