« 2008年6月 | トップページ | 2009年10月 »

2008年11月14日 (金)

靖国神社の件で一言!日本と中国との死生観の違い・・。

 前項で靖国神社のことにふれましたので、私の靖国神社に対する私見を公開致します。お隣の中国は、日本の政府関係者が参拝することに対し極端に不快感を示します。

 それは、何故か・・・そもそもこの問題は、日本と中国の死生観の違いからきています。中国の人達は罪人は死んでも罪人として扱います。日本は昔から亡くなった場合は(仮に罪人でも・・親鸞の歎異抄の影響かな・・)仏様、神様として敬い祈ります。

 従って、戦犯者を分祀して、無宗教の施設をつくることにも問題は残されることでしょう。

 11月14日                                 齊藤斎霊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

靖国には英霊はいない!今なお、戦地でさまよう・・・。

 靖国神社には英霊はいない!・・・・去る10月13日、サイパンにの万歳クリフへ救霊、慰安の旅に行って参りました。私は霊の写真がとれる為、何枚か、クリフにさまよう戦没者の霊の写真撮影に成功致しました。過去においては、フィリピン・セブ島の激戦地でも成功しています。・・・とすると先の大戦で戦死した霊は、未だかって現地でさまよっていることになる。実はこれがご正解です。

 今でも、フィリッピンの海岸で戦死した若い兵隊の幽霊が度々出没するという住民の話も、まんざら否定することは出来ません。今までの数々の霊体験によって、靖国に安らかに永眠しているという説は・・・私の立場から言いますと完全に否定したいと思います。

 とかく、靖国神社の問題が時節、時節に話題になりますが、霊の実態は現地でさまよっている・・・これが真実であることを、一霊能者の立場から断言させて頂きます。また、これを証明する為に、これからも戦地に出向き戦没者の写真を撮り続けることでしょう。

 現地でさまよう英霊に対し、心から合掌致します。

 11月4日           齊藤斎霊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2009年10月 »