« 2006年12月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年2月11日 (日)

米国の有名な1ドル牧師、本物の宗教家とは・・

 米国、ロスに日曜日ごとに、有名な1ドル牧師がやってくる。彼を待つ列が数百人続く。
朝8時45分、白いトヨタに乗った「1ドル牧師」ことモーリス・チョイスがやって来た。
集まった人は、ホームレス、身障者、女性など。神父がそれらの人に手渡した1ドル紙幣、わずか1ドルだが彼らは、それに群がって来る。
これを続けて20年。
 私は、この神父のことが頭から消え去らなかった。本物の宗教家とは、この人かも知れない。
今、私も日本版「200円神主」と銘うって、計画をねっている。   

さて、その原資は・・・?

                                            斎藤斎霊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

憑依現象について

コメントをいただき、ありがとうございます。

非常に良い質問です!早速、お答えします(憑依現象について)

 憑依されたままでは、たまりません。そこですべての霊が解決出来る言葉、魂清浄(こんしょうじょう)と言う言葉を、1魂清浄~10魂清浄と繰り返し唱えることです。

 この言葉は、人間霊、動物霊、植物霊など、即効果が現れる言葉で真剣に唱えれば、誰でも効果が出ます。勿論、憑依された人間霊も速やかに17霊界という霊界に昇天します。従って、平将門の霊(首根っこが痛い)も昇天し、私の体も正常になり、憑依現象が治まります。
 この言葉を、植物にむかって唱えますと、植物の邪気がとれ、農作物は増産になります(写真参考)。
 今、お経を唱える人達が、続々とこの言葉に切り替え、その指導で忙しい毎日です。結果が確実に出る言葉、だから私の病気も完治したのです。
また、皆様方の病気も治るのです・・・。(今、金欠病が治る方法も研究中です。)

 物事には、すべてお試し期間があります。貴殿も1日30分この言葉を唱えてみて下さい。何かの結果が現れます。物事はやってみないと分かりません。やってみて、又、質問を下さい、お待ちしています。              
                                           斎藤斎霊より
                  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

肉体は消滅しても霊は永久に存続する!平将門の霊

 私の体は、長年の修行の結果、霊の存在をキャッチ出来る体質になった。例えば、古戦場で多くの人が死んでいる場所、関ヶ原や武田家の滅亡の原因とも言われた長篠の戦いの地へ出向くと明らかに戦死者の霊の存在が分かる。体が反応するからである。吐き気がともなったり悪寒が生じたり肩が張ったりする現象が即座に現れる。

 以前、平将門の末裔の青年と東京・大手町のビルの一角にある将門の首塚へ出かけた。大きなビルの一角に厳然として存在するが、過去何回か取り除こうと試みたが、その都度、けが人や死者が出たりして、撤去を諦めたと言われている。このような場所へ霊的現象を調べに行くことを私は霊査と呼んでいるが、これからの文面に度々出てくるので記憶にとどめて頂きたい。

さて、将門の首塚へ近づき、私の体にどのような現象が現れたか・・・数分の内にその現象が現れた。首根っこに衝撃がはしった。そのうち首の回りが痛くなってきた。明らかに将門は首を切られていることがこの現象で判明された。同行した青年も私と同じように首根っこが痛くなったので間違いない。

このような現象を通称、憑依現象と呼んでいる。これを憑き物と言うことがある。この現象は、霊の存在を認めないことには信じられないが、私の体に明らかに将門の霊が取り憑いたからこそ現れた現象である。それも首を切られた状態で憑依してきた。おそらく、この現象は、私以外でもおこりうることであり霊感体質の人は、憑依されやすいので大なり小なり分かる現象である。

ところで将門が首を切られたのは、今から1060余年前のことである。この現象から判断すると将門の霊が、それも首を切られた状態で・・・年間存続したことになる。・・・とすると肉体が消滅しても霊は永久的に存続することになる。そして、霊感体質の人には、その存在を訴えることをする。

これが憑依現象である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年9月 »